CBPによるドミニカ共和国産の粗糖および砂糖ベースの製品に関する源泉徴収票の発行について
ILO(国際労働機関)の5つの強制労働指標に基づき、税関・国境警備局(CBP)は、ドミニカ共和国最大の生産者が生産する粗糖および砂糖ベースの製品に対して保留命令(WRO)を発行しました。継続的な取り組み 今回の粗糖製品の出荷差し止め命令は、一連の取り組みの中で最新のものです。

による |2022年12月6

ILO(国際労働機関)の5つの強制労働指標に基づき、税関・国境警備局(CBP)は、ドミニカ共和国最大の生産者が生産する粗糖および砂糖ベースの製品に対してWRO(保留命令)を発出しました。

継続的な取り組み

粗糖製品に対する今回の発売差し止め命令は、世界中の人権侵害に対処するためのCBPによる一連の取り組みの中で最新のものです。例えば、これらの人権侵害には、強制労働や年季奉公が含まれます。9月にSGLは、ウイグル人強制労働防止法の発効について報告しました。この法律は、新疆ウイグル自治区で作られた製品、あるいはUFLPA Entity Listに記載されている事業者が作った製品は、強制労働によって生産されたという推定を確立するものです。 

サトウキビの葉に黒砂糖のグラニューをかけたもの。
CBPより粗糖および砂糖ベース製品に関するWROが発行されました。

Withhold Release Order (WRO)とは何ですか?

保留命令とは、強制労働によって生産された商品が米国に流入するのを防ぐための取り組みです。主に、CBPの優先事項の1つは、サプライチェーンにおける強制労働の疑惑を特定し調査することです。強制労働の証拠が発見された場合、商品は米国への入国を拒否されるか、さらなる調査のためにCBPによって押収される可能性があります。

「CBP は、強制労働を、不履行に対する何らかの罰則の脅しの下に、あらゆる人から要求され、労働者が自発的に仕事または奉仕を提供しないすべての仕事または奉仕と定義している。年季奉公は、契約に従って行われる仕事または奉仕であり、その強制は手続きまたは罰則によって達成することができると定義されています。これには、強制労働または年季奉公の児童労働が含まれる".

https://www.cbp.gov/trade/forced-labor

ハイチ・ドミニカ共和国 地図(世界地図
原料糖WROは、ドミニカ共和国最大の生産者が生産した製品に対して発行されました

砂糖の輸入業者への影響

この砂糖WROは、2022年11月23日に発効し、砂糖輸入業者に大きな影響を与えることになります。CBPは、この生産者の粗糖および砂糖ベースの製品を米国のすべての港で留置します。その結果、貨物が留置された場合、CBPは留置通知を発行します。輸入業者は3ヶ月以内に、製品が強制労働によって生産されていないことを示す書類を提出しなければなりません。そうでなければ、その貨物を輸出しなければなりません。WROは、変更または取り消されるまで有効です。

従って、サプライチェーンをマッピングし、把握することがこれまで以上に重要です。強制労働の使用により生産された商品が米国に輸入されている、または輸入される可能性があると信じるに足る個人または組織は、e-Allegations Online Trade Violations Reporting Systemを通じてCBPに連絡するか、1-800-BE-ALERTに電話して、詳しい疑惑を報告することができる。

CBPプレスリリースの全文はこちらをご覧ください。

全WROの一覧はこちらからご覧いただけます。

0件

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須項目には*印がついています。

このサイトはスパムを減らすためにAkismetを使用しています。あなたのコメントデータがどのように処理されるかについては、こちらをご覧ください。

最新のニュースです。

こちらもご覧ください。