カリフォルニア州トラック協会、先進クリーンフリート規則の差し止めを求める

| 2023年10月23

カリフォルニア州の連邦地方裁判所に、トラック協会がカリフォルニア州の先進クリーンフリート規則の差し止め(実質的な阻止)を求める訴訟を起こした。争点となっているのは、2040年までに内燃機関を段階的に廃止することを求める州法である。しかし、より差し迫った問題としては、2024年1月1日までに、内燃エンジンを搭載したトラックを同州のドレージ登録に加えることを許可しないよう求めている。

トラックの排気管に手をかざす人。
この訴訟では、州はクリーンフリート規則を制定する際に権限を逸脱したと主張している。


訴訟の主な論点は、州はこれらの法律を制定する際に権限を超えたというものだ。具体的には、以下のように主張している:

  • カリフォルニア州大気資源局(この規則の作成者)は、環境保護庁から必要な免除を受けていない。この免除は、連邦規則よりも厳しい州規則を制定するために必要なものである。
  • 先進クリーンフリート規則は連邦航空局認可法に違反する。この法律は、トラック運送会社が提供する「価格、ルート、サービス」に影響を与える規制を各州が持つことを禁止している。


さらに、規則が混乱していて遵守するのが難しいという主張もある。

0件

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須項目には*印がついています。

このサイトはスパムを減らすためにAkismetを使用しています。あなたのコメントデータがどのように処理されるかについては、こちらをご覧ください。

最新のニュースです。

こちらもご覧ください。