新自由民権同盟、最高裁に船舶監視規則の見直しを要請
新自由人権協会(New Civil Liberties Alliance)は、米国第1巡回区控訴裁判所による最近の船舶監視に関する判決を見直すよう最高裁判所に求める嘆願書を提出した。2023年3月16日に発表されたこの判決は、ニシン漁船が特定の漁の間、船内にモニターを設置する義務を支持するものである。法律 [...]...

| 2023年7月11

新自由人権協会(New Civil Liberties Alliance)は、米国第1巡回区控訴裁判所による最近の船舶監視に関する判決を見直すよう最高裁判所に求める嘆願書を提出した。2023年3月16日に発表されたこの判決は、ニシン漁船が特定の漁の間、船内にモニターを設置する義務を支持した。

保護行為

マグナソン・スティーブンス漁業保存管理法(MSA)に基づき、大西洋ニシン漁は乱獲を防ぎ、保護を促進するために規制されている。2020年には、漁船に海中監視員をつけるための費用を漁業者に負担させる規則が施行された。

このような漁船は、特定の漁業期間中、船上での船舶監視が義務付けられる。

船舶用モニターをめぐる論争

目下の主な問題は、船舶所有者のモニター費用負担である。政府はモニターを認証しているが、その費用は政府が負担するとは限らない。その代わり、船舶所有者は民間団体と契約してモニターを調達し、その費用を負担することが義務付けられている。原告側は、MSAはこのような規則を認めていないと主張している。

船舶監視規則の正当性

控訴裁判所は、2段階分析であるシェブロン・ルールを適用して、この規則を正当化した。まず、議会がその問題について直接発言しているかどうかを判断する。そうでない場合は、第2段階として、当局の行為が法令の許容される解釈であるかどうかを判断する。裁判所は、当局の行動は許容されるものであり、船舶所有者はモニターの費用を負担する責任があると判断した。

New Civil Liberties Allianceは、最高裁がこの問題を審査する認定を与え、判決を覆す可能性があることを望んでいる。

0件

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須項目には*印がついています。

このサイトはスパムを減らすためにAkismetを使用しています。あなたのコメントデータがどのように処理されるかについては、こちらをご覧ください。

最新のニュースです。

こちらもご覧ください。