韓進の破綻で世界の海運が大混乱
世界第7位の輸送能力を誇る韓国の韓進海運が、8月31日(水)に破産法の適用を申請しました。 

による |2016年10月7

世界第7位の輸送能力を誇る韓国の韓進海運が、8月31日(水)に破産法の適用を申請しました。 韓進は最近、2016年6月末時点で55億ドルの負債を抱えており、財務的に苦境に立たされていた。

韓進海運は、新規ブッキングのための機器のリリースを停止し、暫定的にブッキングの受付を実質的に停止します。 現在航行している貨物は、引き続き各仕向港に移動すると助言している。荷主およびフォワーダーは、Hanjinからの支援や情報なしに、港から最終顧客目的地までの貨物解放の確保と輸送費用の支払いを余儀なくされています。場合によっては、船舶は「逮捕」され、または港に留置され、貨物の排出が許可されないこともあります。

2008年の景気後退以降、世界的な需要や貿易が低迷する中、汽船会社はより費用対効果が高いとされる大型船、いわゆる「メガベッセルの建造」を続けてきました。しかし、世界同時不況の影響、特に貿易の低迷と過剰設備により、近年、外航船舶の運賃は低下しています。世界の貿易船の約5%が休船中であり、韓進の破産を考慮すると、海運会社のキャパシティを引き受ける余地は十分にあり、すでに船社は船舶を追加する可能性を議論している。しかし、それが持続可能であるためには、価格が上昇する必要があります。

SGLでは、影響を受けたコンテナの動きを毎日モニターしています。SGLでは、お客様の貨物のために最もコスト効率が良く、トラブルのない解決策を追求し、引き続き状況を更新していきます。韓進の破綻をはじめ、お客様のビジネスに影響を及ぼす可能性のあるグローバルな海運・物流関連の最新情報については、ニュースページをご覧ください。

詳しくは、中国船舶解撤規則の変更に関する記事を ご覧ください。

SGLとの連携にご興味がおありですか?今すぐ見積もり依頼をする

0件

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須項目には*印がついています。

このサイトはスパムを減らすためにAkismetを使用しています。あなたのコメントデータがどのように処理されるかについては、こちらをご覧ください。

最新のニュースです。

こちらもご覧ください。

ELD義務化、2018年4月1日稼動へ

ELD義務化、2018年4月1日稼動へ

2018年4月1日、トラック運転手に対する新しい電子ログデバイス(ELD)義務化が本格的に実施されます。これまでトラック運転手は運転時間を紙で記録していましたが、今後はELDを使用して記録することが義務付けられます。