ジョージア港湾局、海上ターミナルをコンテナ専用に移行
2022年12月5日、ジョージア港湾局(GPA)は、ジョージア州サバンナのオーシャンターミナルにポストパナマックスバースを2基建設する計画を発表しました。これにより、3億5,000万米ドルのプロジェクトは、従来ブレイクバルクとコンテナの二重ターミナルであったものを、コンテナ専用の近代的な施設に移行することになります。「オーシャンターミナルは約40年にわたり、様々な種類の貨物を取り扱ってきました。

による |2022年12月21

2022年12月5日、ジョージア港湾局(GPA)は、ジョージア州サバンナのオーシャンターミナルにポストパナマックスバースを2基建設する計画を発表しました。その結果、3億5,000万米ドルを投じるこのプロジェクトは、従来ブレイクバルクとコンテナの二重ターミナルであったものを、コンテナ専用の近代的な施設に移行することになります。「オーシャンターミナルは約40年にわたり、コンテナ船とブレークバルク船の混在を扱ってきました。今回の再編は、同ターミナルをオールコンテナ化し、ブレイクバルク貨物の大半をブランズウィック港に移管するという、より大きな取り組みの一環です。「このプロジェクトの完了により、柔軟性が向上し、ジョージア港は貨物の動きを最適化できるようになり、商品を効率的に市場へ届けるという我々の顧客をサポートすることができます」と述べています。

2つのフェーズ

ジョージア港湾局のオーシャンターミナルに停泊中のコンテナ船
2023年1月より、200エーカーのGPA施設をコンテナのみの運用に移行するための作業が開始されます。(GPA Photo/Stephen B. Morton)

コンテナプロジェクトは、2023年にGPA施設で着工し、2段階に分けて改修される予定です。予想される2,800リニアフィートのバーススペースと8基の新しい船舶対陸上クレーンにより、GPAターミナルは2026年までに2隻のコンテナ船を同時に取り扱うことができるようになる予定です。今後、オーシャンターミナルが扱っていた重機やブレークバルク貨物は、ブランズウィック港に移管される予定です。さらにGPAは、ロールオン/ロールオフ船会社Wallenius Wilhelmsenが運ぶ貨物を、カーネルズ島の1,700エーカーのターミナルに移行する計画です。

GPAの成長により、コンテナのみの運用も可能に

GPA海洋ターミナルでのコンテナ
ジョージア港湾局は、サバンナのオーシャン・ターミナルのドックを改造し、大型コンテナ船2隻を同時に扱えるようにします。(ジョージア港湾局) 

コンテナ専用海上ターミナル拡張プロジェクトは、GPAによるより大きな戦略の一部です。COVID後、その後、港には大量の貨物と船荷が流入しています。同港の積荷輸入は、2022年1月から10月の間に、2019年の同時期と比較して29.3%増加しました。2022年10月は、GPAにとって過去2番目に忙しい月となりました。サバンナ港が575,500の20フィート換算単位(TEU)を扱った今年8月が最も忙しかった。GPAは2023年度の最初の4ヶ月のうち3ヶ月で50万TEUを突破しています。これを合計すると、今年度は210万TEUの取扱量となります。

「GPA の理事長であるジョエル・ウーテンは、このプロジェクトについて次のように述べています。「予想される市場の調整が始まっている一方で、ビジネスの成長に対応するために、GPA が海洋ターミナル強化のようなプロジェクトを進めることは重要です。「継続的なインフラの改善を通じて、商取引の自由な流れを確保し、拡大する顧客の需要に対応できるようにします。

0件

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須項目には*印がついています。

このサイトはスパムを減らすためにAkismetを使用しています。あなたのコメントデータがどのように処理されるかについては、こちらをご覧ください。

最新のニュースです。

こちらもご覧ください。