フォワーダーはSOLASの変更に不満
世界最大の貨物輸送業者の中には、新しいコンテナ重量確認ルールは必要なく、世界中のサプライチェーン全体を確実に複雑化し、コストを増加させると不満を抱いているところもあるようです。

による |2016年3月10

大切なお客様へ。

フォワーダーはSOLASの変更に不満を持っている。

世界最大手の貨物輸送業者の中には、コンテナの重量確認という新しいルールは必要なく、全世界のサプライチェーンが複雑化し、コストが増大するのは間違いないと不満を漏らしているところもある。

現在、荷主、貨物輸送業者、混載業者は、このプロセスにおける自分たちの役割と、2016年7月1日に施行される新ルールを採用する能力について疑問を投げかけています。彼らは、自分たちはまだ準備ができておらず、この新しいルールがサプライチェーンを混乱させることは間違いないと主張しています。

荷主は、このコンテナ質量確認ルールがサプライチェーンを複雑にするのであれば、実施すべきではないと考えており、このルールが適用されるかどうかを見守っている。また、コンテナの重量測定に付加価値を見出せず、不要な開発だと考えている。

手続きや規制を増やせば、サプライチェーンがより複雑になり、コストがかかることは間違いない。これは、荷主や顧客にとっても、とてつもなく大きなコスト増となる。

米国の規制当局の上級職員と米国沿岸警備隊でさえ、先週、SOLAS適合ガイドラインは米国のどの規制でも強制されておらず、米国で遵守する必要はないと述べた。

このため、荷主や定期船代表は、IMOが異なる実施規則を策定し、米国を含む一部の署名国が検証の責任を荷主ではなく定期船に移す可能性があると懸念している。

輸出入業者はすでに、この新しいルールが荷主に多くの負担を強いることになり、間違いなく世界中でサプライチェーンの混乱につながるという懸念を表明していました。現在、コンテナ重量は推定値であり、荷主は重量要件に署名する必要はない。SOLASの新要件では、荷主がコンテナのVGMに責任を持つことになり、この情報は書類とともに事前に伝える必要がある。

SGLでは、SOLASの状況について引き続きお知らせいたします。SGLでは、2016年7月1日に向けて、全ての貨物の重量を確認できるよう、お客様へ準備を進めております。

0件

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須項目には*印がついています。

このサイトはスパムを減らすためにAkismetを使用しています。あなたのコメントデータがどのように処理されるかについては、こちらをご覧ください。

最新のニュースです。

こちらもご覧ください。

ELD義務化、2018年4月1日稼動へ

ELD義務化、2018年4月1日稼動へ

2018年4月1日、トラック運転手に対する新しい電子ログデバイス(ELD)義務化が本格的に実施されます。これまでトラック運転手は運転時間を紙で記録していましたが、今後はELDを使用して記録することが義務付けられます。