COACによる強制労働とUFLPAの提言
COAC (Commercial Customs Operations Advisory Committee - 貿易業界のメンバーを含む貿易諮問委員会) は最近、税関・国境警備局に対する勧告を行いました。この勧告は、ウイグル人強制労働防止法および類似の人権侵害に関するその他の執行に関する詳細情報を提供します。ウイグル人強制労働防止法について 私たちは [...]...

による |2023年1月4

COAC (Commercial Customs Operations Advisory Committee - 貿易業界のメンバーを含む貿易諮問委員会) は最近、税関・国境警備局に対する勧告を行いました。この勧告は、ウイグル人強制労働防止法および同様の人権侵害に関するその他の執行について、より詳細な情報を提供するものです。

ウイグル人強制労働防止法について

以前SGLブログで「UFLPA」についてご紹介しました。前述したように、2022年6月21日に「ウイグル強制労働防止法」または「UFLPA」が発効されました。この法律を簡単に説明すると、税関・国境警備局(CBP)は、新疆ウイグル自治区で製造された商品、またはUFLPA事業者リストに記載された事業者が製造し、米国に輸入する商品について、強制労働の関与を推定することができるようになるというものです。CBPは最近、人権侵害に対処するため、UFLPAを含む数多くの行動を起こしています。

UFLPAは、奴隷制や搾取工場での労働といった人権侵害に対処するためにCBPが取った一連の大きな行動の一部です。

具体的な提案

この提言の目的は、貿易業界が強制労働法を理解し、遵守することをより良く可能にすることです。

提言の内容は以下の通りです。

  1. ファクトシート」シリーズを発行する。
    • 抑留、解放、排除または輸入通関拒否
    • 特定の商品がUFLPAまたはアクティブWROに該当しないとの裁定を受けるための裁定プロセスフロー
    • ファクトシートはCBP Forced Laborのページで入手でき、UFLPAのウェブページにリンクされているはずです。
  2. 追加質問や新たなFAQの公開要望を受け付ける仕組み。
  3. ガイダンス、業務プロセス、ファクトシート、ACE、その他の関連情報に更新や変更があった場合に、それを明確に示すために強制労働とUFLPAのウェブページを刷新する。
  4. 現在の四半期ごとの強制労働統計を強化し、対象となる出荷数だけでなく、追加的な指標を含めることを提言する。

    これらの勧告は、Informed Compliance Publicationを開発するための勧告に追加されるものである。(Informed Compliance Publicationsは、CBPが様々なトピックについて発行しています)。UFLPA、ロジスティクスニュースなどの最新情報は、ぜひSGLのソーシャルメディアからフォローしてください。

0件

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須項目には*印がついています。

このサイトはスパムを減らすためにAkismetを使用しています。あなたのコメントデータがどのように処理されるかについては、こちらをご覧ください。

最新のニュースです。

こちらもご覧ください。